パッチノート V10.20

スポンサーリンク
Fortnite

バトルロイヤル

注目ポイント

フォートナイト X メイヘム
メイヘムも何のその。狂気への境界線を越えて、パンドラにベースに基づく裂け目ゾーンを調査しましょう。このコラボには無料報酬、サイコとクラップトラップのビジュアルアイテムなどが付いたテーマチャレンジもあります。ブログ投稿にアクセスするか、下にある動画を見て、利用可能なメイヘムを全て確認しましょう!

フォートナイト X メイヘム – アナウンストレーラー

シールドバブル
これは簡単には割れない泡です。弾丸や爆弾を無効化するこのドームの下に隠れましょう!

10BR_ShieldBubble_Social.jpg

武器 + アイテム

  • シールドバブル
    • レアのアイテムです。
    • フロア戦利品、宝箱、補給物資、自販機から入手できます。
    • 効果は30秒持続します。
    • 弾丸や爆弾をブロックする大きなバブルを作り出します。ただし、プレイヤーは通り抜けることが可能です。
      • バブルの内側から弾丸や爆弾を発射することはできますが、外側には出ていきません。
      • バブル生成装置の耐久力は400です。破壊するとバブルが無効化されます。
  • B.R.U.T.E.
    • B.R.U.T.E.のマップアイコンが、マップ上で常に表示されるようになりました。
      • これはマッチ内の全てのプレイヤーについて、B.R.U.T.E.の存在および場所の認識を高めるためのものです。
  • 以下のB.R.U.T.E.に関する変更点は、822日~23日の間に実装されています。
    • 一度のチャージでB.R.U.T.E.が発射するロケットの最大数が10から6に減少しました。
    • B.R.U.T.E.が発射するロケットの連射速度が56%減少しました。
    • B.R.U.T.E.は、周囲をストンプしたりダッシュしたりする時にドライバーおよびガンナーに素材を付与しなくなります。
    • B.R.U.T.E.のミサイルの爆発範囲を元に戻しました。
      • 822日のホットフィックスで、爆発範囲を42%縮小させていました。この変更は特に過度で、ロケットの数と機動性が下がったB.R.U.T.E.でターゲットに命中させるのが、難しくなりすぎているように感じられました。そのため823日に、ダメージ範囲を822日以前の状態に戻しました(メインとなるモードが対象)B.R.U.T.E.の変更については、私たちの目的に沿っているか慎重な判断を続けていきます。
        • v10.20現在、これらの変更点はアリーナやトーナメントのプレイリストでも適用されています。
    • ダッシュのクールダウンが3秒から5秒に延長しました。
    • 空中でのブーストにより得られる速度が33%減少しました。
    • コアモードでのストームフェーズ1、2、3における出現率の変動を調整しました。
      • これらの調整はアリーナやトーナメントのプレイリストでの出現率には影響しません。出現率につきましては、パッチノートv10.10でご確認いただけます。
      • ストームフェーズ1
        • B.R.U.T.E.の最大出現数が5から6に増加しました。
        • B.R.U.T.E.の出現率が29%から14.3%に低下しました。
        • 新しい出現率
          • 14.3%の確率で0体。
          • 14.3%の確率で1体。
          • 14.3%の確率で2体。
          • 14.3%の確率で3体。
          • 14.3%の確率で4体。
          • 14.3%の確率で5体。
          • 14.3%の確率で6体。
        • 新しい出現率
          • 29%の確率で0体。
          • 14.3%の確率で1体。
          • 14.3%の確率で2体。
          • 14.3%の確率で3体。
          • 14.3%の確率で4体。
          • 14.3%の確率で5体。
      • ストームフェーズ2
        • B.R.U.T.E.の最大出現数が3から5に増加しました。
        • 新しい出現率
          • 16.7%の確率で0体。
          • 16.7%の確率で1体。
          • 16.7%の確率で2体。
          • 16.7%の確率で3体。
          • 16.7%の確率で4体。
          • 16.7%の確率で5体。
        • 新しい出現率
          • 25%の確率で0体。
          • 25%の確率で1体。
          • 25%の確率で2体。
          • 25%の確率で3体。
      • ストームフェーズ3
        • 新しい出現率
          • 25%の確率で0体。
          • 25%の確率で1体。
          • 25%の確率で2体。
          • 25%の確率で3体。
        • 新しい出現率
          • 33%の確率で1体。
          • 33%の確率で2体。
          • 33%の確率で3体。
    • ガンナーのオーバーシールドを使用する素材コストが200から75に減少しました。
    • B.R.U.T.E.の耐久力が1000から1250に増加しました。
  • ガラクタ裂け目
    • 「ガラクタ裂け目」が全てのモードで再び利用可能になりました。
  • 保管庫に回収されたアイテム
    • ストームフリップ
    • ドラムガン
    • ストームスカウトスナイパーライフル

不具合の修正

  • ガラクタ裂け目の落下物でB.R.U.T.E.を破壊できない問題を修正しました。

不具合の修正

  • ガラクタ裂け目の衝撃でB.R.U.T.E.を破壊しない不具合を修正しました。
  • 自販機から受け取った武器やアイテムが、受け取る時に表示される武器やアイテムと異なることはなくなります。
  • チャグスプラッシュを想定より早く配置できる問題を修正しました。
  • コンバットショットガンが、照準撃ちに最適な武器(例えばスナイパーライフル)から切り替えた後、しばらく命中率が下がることはなくなります。
  • ショックウェーブは、大群のメンバーに適切に作用するようになりました。
  • プレイヤーのシールドが49だと、ミニシールドポーションで50にならない問題を修正しました。
  • B.R.U.T.E.を使っているプレイヤーにスティンクボムが与えるダメージが少ない問題を修正しました。
  • ドライバーのいないB.R.U.T.E.に乗っているガンナーは、火山の渦巻きの中にいても視界を塞がれなくなります。
  • ホバーボードにB.R.U.T.E.は乗れなくなります。
  • 乗り物ラップを装備したプレイヤーが、まだ使われていないB.R.U.T.E.に入る時、B.R.U.T.E.の損傷状態が表示されるようになりました。
  • B.R.U.T.E.のショットガンをリロードしても、ミサイルを発射できなくなることはなくなります。
  • B.R.U.T.E.のエアスラムが、大群スポナーに想定より大きなダメージを与える問題を修正しました。
  • B.R.U.T.E.の自爆タイマーは停止しなくなります。
  • ミサイルの装填時にB.R.U.T.E.で席を交換したり、B.R.U.T.E.から出たりしても、エモートできなくなることはなくなります。
  • B.R.U.T.E.に入っても、出る時にプレイヤーが武器やアイテムを使えなくなることはなくなります。

ゲームプレイ

  • パンドラ
    • パラダイス・パームズ付近のオアシスで、裂け目ビーコンがパンドラ裂け目ゾーンを作り出しました。
      • 「フォートナイト X メイヘム」コラボの一環です。
      • この裂け目ゾーンは、惑星パンドラにとても似ています。しかし、モデルだけではありません。この惑星のルールも適用されます!
        • この裂け目ゾーンにいる間、プレイヤーは4秒間ダメージを受けないとシールドを生成し始めます。
      • パンドラは9月10日まで利用可能です。
  • ティルテッド・タウン
    • この町と周囲の丘を結ぶ横断可能な道を追加しました。 
      • これは、ティルテッド・タウンで起きるマッチ終盤のサークルでのゲームプレイを改善するためのものです。
  • 以下の変更は8月23日に実装されました:
    • 宝箱からの出現率の平均が60%から50%に低下しました。
    • 弾薬コンテナからの出現率の平均が72.5%から62.5%に低下しました。
    • ストームの移動
      • セーフゾーンがマッチの後半に縮小しながら動かないようになりました。
        • 注:
        • この変更は、アリーナとトーナメントのプレイリストには適用されません。

不具合の修正

  • B.R.U.T.E.を使用してティルテッド・タウンの裂け目ゾーンの中に進んでも、裂け目ゾーンを出た後にスクリーンフィルターや建築禁止の効果が残ることはなくなります。
  • B.R.U.T.E.がダウンさせられても、プレイヤーが歩いたり走ったりできて復活できないという、意図されていないダウン状態に陥ることはなくなります。
  • 大群のメンバーが、B.R.U.T.E.の中にいるプレイヤーを攻撃しない問題を修正しました。
  • B.R.U.T.E.にダメージを与えても、ストームサージのダメージ境界値に加算されなくなります。
  • 破壊不能な建築物の中にいるプレイヤーが、ガラクタ裂け目からダメージを受けることはなくなります。
  • 宝箱や弾薬コンテナは、それが配置されているオブジェクトを壊すことによって破壊すれば開くようになりました。

アート + アニメーション

不具合の修正

  • カタリストの左腕が、待機中のロビーで複数のバックパックを突き抜ける問題を修正しました。
  • コスチューム「Y0ND3R」およびラップ「EQ」が、PlayStation®4で正しくアニメーションするようになりました。
  • ティルテッド・タウンの裂け目ゾーン内でB.R.U.T.E.に乗り、そのまま裂け目ゾーンを出ても、プレイヤーのコスチュームが装備していたコスチュームに戻らなくなることはなくなります。

オーディオ

  • ガラクタ裂け目のオーディオ減衰の形を球体からカプセル状に調整しました。
    • これはガラクタ裂け目が高い位置に出現した時に、もっと聞こえやすくするためのものです。
  • ミニガンのオーバーヒート音の音量を下げました。

不具合の修正

  • フラググレネードの導火線の音は、投げると発生しないようになります。
  • バトルバスのBGMが、出発の島の間違った場所で再生されることはなくなります。
  • ガラクタ裂け目が出現するサウンドエフェクトが、投射物がプレイヤーにヒットすると再生されない問題を修正しました。

UI

不具合の修正

  • シーズンXで初めてログインする時に、チャレンジを見ることができない問題を修正しました。
  • B.R.U.T.E.のガンナーモードでの入力UIが、コントローラーを使っているプレイヤーに間違った入力を表示することはなくなります。
  • ロッカーのコスチュームをランダムに設定していると、プレイヤーアイコンが正しくアップデートされない問題を修正しました。
  • 包帯またはミニシールドを適用した後、体力およびシールドゲージに数値省略時の誤差が発生することはなくなります。
  • ソーシャルパネルが間違ったチームメンバーを表示する問題を修正しました。

リプレイ

  • ローカルリプレイのHUDが、サーバー/配信のリプレイのものと同じになりました。
  • リプレイでプレイヤーが撃破されると、そのカメラはそのチームメイトまたは撃破したプレイヤーを追うようになりました。
  • リプレイHUDの操作を整理し直して、わずかに修正しました。 
    • この一環として、プレイヤーリストにアクセスするのに使うボタンを削除しました。しかし、マップ画面を使うことで引き続きプレイヤーリストにアクセスすることができます。
  • 8月20日にPlayStation®4、Xbox One のリプレイ配信サーバーを停止し、安定性を改善してパフォーマンス問題に対処しました。

不具合の修正

  • 一部の小さいガラクタ裂け目が、地面に落ちた後にリプレイの巻き戻しで見えなくなる問題を修正しました。
  • ガラクタ裂け目を投げても、リプレイでもうひとつ出現することはなくなります。
  • リプレイでガラクタ裂け目が地面に落ちても、アセットが出現することはなくなります。
  • ガラクタ裂け目のオーディオエフェクトがリプレイで発生しない問題を修正しました。

モバイル

  • iOSは、パッチを適用してから最初の起動でコンテンツを最適化するようになりました。これにより、バトルバスの出発を待っている時の遅延およびロード時間が減少します。
  • iPhone 8で60FPSサポートが再び有効化されました。
  • パッチの適用中に画面に表示される画像をアップデートしました。

不具合の修正

  • プレイリストタイル、「New」タイル、イベントページタイルが正しい画像を表示するようになりました。
  • キャラクターと一部のビジュアルの間での当たり判定問題を修正しました。
  • AndroidでB.R.U.T.E.を使用する際のオーディオ問題を修正しました。
  • ムービーから戻っても画面が真っ黒になることはなくなります。
  • チャレンジメニューのフォントの並びが修正されました。
  • プレイヤーがB.R.U.T.E.の中にいると弾帯が浮く問題を修正しました。
  • 自動発射が一部の乗り物に対して機能する問題を修正しました。

クリエイティブ

注目ポイント

パンドラ建築セット
お気に入りのパンドラ設定を再現! フォートナイトでは近い将来にパンドラをテーマにしたブロックを取り上げますので、必ず作品を投稿してシェアしましょう。「フォートナイト X メイヘム」のコラボの一環です。

10BR_Mayhem_Prefab_NewsHeader.jpg

乾燥島
「バトルロイヤル」マップのパンドラ砂漠エリアに影響を受けた、荒々しい岩と高峰がそびえ立つ、砂漠をテーマにした渓谷です。

Pandora_woRocks.png

コミュニケーション
仕掛け「スピーカー」と「HUDメッセージ」の追加により、何が起きているかをプレイヤーに伝える新たな手段です。

NewsHeader_HUDMessageDevice.jpg

明るく照らそう
トーチとフラッシュライトピストルを駆使して、プレイヤーはマップの隅の暗い場所を探検することになります。

NewsHeader_FlashlightPistol.jpg

  • 「バトルロイヤル」マップの砂漠エリアに影響を受けた、荒々しい岩と高峰がそびえ立つ、砂漠をテーマにした渓谷を追加しました。

不具合の修正

  • モバイルデバイスで、アイスレイク島の地面がちらつかなくなります。

ゲームプレイ

  • ゲーム設定メニューのオプション「カメラフィルター」に新たな値「コミック」を追加しました。
  • ゲーム設定メニューにオプション「武器での破壊」を追加しました。
    • プレイヤーの武器が、マップ上の環境オブジェクトおよび建築物に与えるダメージの大きさを設定します。
    • なし、10%、25%、50%、75%、100%、125%、150%、175%、200%、300%、400%、500%、即破壊(デフォルト: 100%)。
  • ゲーム設定メニューにオプション「編集可」を追加しました。
    • マッチ中にプレイヤーが建築した建築物を誰が編集できるかを設定します。
    • デフォルト、誰でも(デフォルト: デフォルト)。デフォルト – プレイヤーは自分またはチームメイトが建築した建築物を編集できます。誰でも – プレイヤーが建築した建築物は全て、どのプレイヤーでも編集できます。
  • ゲームメニューのオプション「途中参加」に新たな値「次のラウンドのスポーン」を追加しました。

不具合の修正

  • 裂け目に重なっている乗り物に入っても、プレイヤーは移動できます。
  • ケビン浮島でクリーチャーが出現しない問題を修正しました。
  • ティルテッド・タウンまたはリテイル・ローに入ると、「バトルロイヤル」マップのクリエイティブインベントリを利用できなくなります。

武器 + アイテム

  • 「フラッシュライトピストル」を追加しました。
    • 暗闇を移動中に自分の身を守れるようになります。
    • レアのアイテムです。
    • 小口径弾を使用します。
    • ダメージ: 26。
    • ヘッドショット: 52。
    • 1秒当たり6.75発。
    • マガジンごとに16発。
  • トーチを追加しました。
    • 道を照らす、火のついた木です。
    • レアのアイテムです。
    • 近接武器として使用することはできません。

不具合の修正

  • プレイヤーが小道具になった後も、トラップがプレイヤーに起動するようになりました。
  • 小道具プロセッサーで異なる小道具を直接切り替える際、カメラの位置がより安定するようになります。
  • 小道具プロセッサーがダウン状態にどのようにインタラクトするかに関連する複数の問題を修正しました。

プレハブ&ギャラリー

  • 新たなプレハブを6個追加しました:
    • パンドラコンテナ複合体。
    • パンドラ L-スタック。
    • パンドラ通信スタック。
    • パンドラ納屋シェルター。
    • パンドラ暖炉シェルター。
    • パンドラトラベラーシェルター。
  • 新たなギャラリーを6個追加しました:
    • パンドラギャラリー。
    • パンドラ小道具ギャラリー。
    • パンドラ小道具ギャラリー(大)。
    • パンドラコンテナギャラリー。
    • パンドラボーン&ロックギャラリー。
    • パンドラライトギャラリー。

不具合の修正

  • クリフギャラリーの床は、貼り付けた後も自動的に破壊しません。
  • 低画質設定でもバタフライオーブのエフェクトを見ることができます。
  • プエブロギャラリーの特定の壁の下部にある、目に見えない当たり判定はなくなります。
  • モバイル版のプレハブ「大ピラミッド」に黒い床はなくなります。
  • メガ・モールギャラリーのトマトヘッドの額、およびダスティ小道具ギャラリーのダスティ・デポの額に当たり判定がつくようになりました。
  • プレハブ「スティルテッドキャビン」のベッドを「開ける」ことはできなくなります。
  • 屋内住宅小道具ギャラリーのアイテムが破壊された時、適切な素材を付与します。
  • ダスティ・デポ&ダイナーギャラリーのファクトリールーフを貼り付けることができます。

仕掛け

  • 仕掛け「ナンバージェネレーター(ランダム)」を追加しました。 
    • これは2つの数値からランダムな数字を選び、その結果を表示します。任意でスコアを付与したり、目の前の量にこのランダムな数値を適用して仕掛けを起動したりすることもできます。
    • 数値制限1: 0~99(デフォルト: 1)。最大値か最小値にすることができます。
    • 数値制限2: 0~99(デフォルト: 6)。最大値か最小値にすることができます。
    • 勝利に必要な値: 出力値がこれより高ければ「勝利」です。これは他のカスタマイズオプションと併用可能で、起動信号を送信するのに使うことができます。 
      • 0~99(デフォルト: 4)。
    • 結果倍率: 仕掛けの表示された出力値(および勝利スコア)に掛けます。例えば、10倍の倍率で5をロールすれば、仕掛けは50の数値を表示します。
      • 1~10(デフォルト: 1)。
    • ロール時間: ロールが完了するまでにかかる時間を設定します。 
      • 即時、1~30秒(デフォルト: 3秒)
    • リセット遅延: ロール後、仕掛けが再び起動できるまで待つ時間を設定します。
      • なし、1秒、2秒、3秒、5秒、10秒、20秒、30秒、1分、2分、3分、5分、10分、15分、20分(デフォルト: なし)。
    • スコア付与: 仕掛けを起動したプレイヤーに、どの状況でスコアを付与するかを設定します。
      • 使用しない、常に、勝利時、敗北時(デフォルト: 使用しない)。
    • スコアタイプ: どのようなスコア付与が行われるかを設定します。
      • 追加する、削除する、固定する(デフォルト: 追加する)。  
        • 追加する、削除する – プレイヤーの現在のスコアに、このスコア量で調整します。
        • 固定する – 既存のスコアを無視して、プレイヤーの現在のスコアをこのスコア量にします。
    • スコアバリュー: プレイヤーに付与されるスコアの量を設定します。
      • ロール回数、1、2、3、4、5、10、15、20、35、50、100、200(デフォルト: ロール回数)。
    • ゾーン: この仕掛けにゾーンがあるか、もしあるなら、それがプレートから広がる方向を設定します。ロール時、ロール結果に基づいてゾーン内の場所がハイライトされます。このハイライトされたエリアは、トリガー、ミュージックシーケンサー、スピーカー、その他のナンバージェネレーター(ランダム)を起動します。
      • なし、前、左、右、後ろ(デフォルト: なし)。
    • 長さ: ゾーンの長さです。
      • 1/2、標準、2~20、24、26、28、30、40、60、80、100 (デフォルト: 4).
    • 幅: ゾーンの幅です。
      • ½、標準、2~20、24、26、28、30、40、60、80、100(デフォルト: 標準)。
    • 高さ: ゾーンの高さ。
      • 1/2、標準、2~20、24、26、28、30、40、60、80、100(デフォルト: 標準)。
    • ゲーム中に表示: オン、オフ(デフォルト: オン)。オフの場合、仕掛けは受信した信号で起動することはできますが、プレイヤーのインタラクトでは起動できません。
    • オーディオ再生: ロール時、勝利時、敗北時に仕掛けが音声を再生するかどうかを設定します。
      • オフ、オン(デフォルト: オン)。
    • チーム: どれでも、1~16(デフォルト: どれでも)。
    • 有効: 仕掛けが有効になるタイミングを決定。 
      • 無効、有効、ウォームアップのみ、ゲームプレイのみ(デフォルト: 有効)。
    • ゲームフェーズで起動: このゲームフェーズが始まるとロールを開始します。 
      • 使用しない、ゲーム前、ウォームアップ、ゲーム開始(デフォルト: 使用しない)。
    • 受信機:  
      • 受信していると有効になる: チャンネルなし、1~32(デフォルト: チャンネルなし)。
      • 受信していると無効になる: チャンネルなし、1~32(デフォルト: チャンネルなし)。
      • 受信していると起動する: 選択されたチャンネルで信号を受信するとロールを開始します。
        • チャンネルなし、1~32(デフォルト: チャンネルなし)。
      • 受信していると無効になる: 選択されたチャンネルで信号を受信すると、現在進行中のロールを中止します。
        • チャンネルなし、1~32(デフォルト: チャンネルなし)。
    • 発信機:
      • 勝利時に送信する: ロールが「勝利」と判断されると、選択されたチャンネルで信号が送信されます。
        • チャンネルなし、1~32(デフォルト: チャンネルなし)。
      • 敗北時に送信する: ロールが「敗北」と判断されると、選択されたチャンネルで信号が送信されます。
        • チャンネルなし、1~32(デフォルト: チャンネルなし)。
      • ロール最大で送信する: ロールが可能な限り高い値になると、選択されたチャンネルで信号を送信します。
        • チャンネルなし、1~32(デフォルト: チャンネルなし)。
      • ロール最小で送信する: ロールが可能な限り低い値になると、選択されたチャンネルで信号を送信します。
        • チャンネルなし、1~32(デフォルト: チャンネルなし)。
  • 仕掛け「スコアマネージャー」を追加しました。 
    • この仕掛けは、起動したプレイヤーにスコアを付与します。受信機によってのみ起動可能です。プレイヤーが直接インタラクトすることはできません。
    • スコアバリュー
      • マッチ中にこの仕掛けが初めて起動された時に付与されるスコアの量を設定します。
        • -200、-100、-50、-35、-20、-15、-10、-5、-4、-3、-2、-1、0、1、2、3、4、5、10、15、20、35、50、100、200(デフォルト: 0)。
    • スコアの種類: この仕掛けが、起動したプレイヤーのスコアにどういう効果を与えるかを設定します。
      • 足す、引く、固定する、なし(デフォルト: 足す)。 
        • 足す、引く – プレイヤーの現在のスコアを調整します。
        • 固定する – プレイヤーの現在のスコアを、既存のスコアを無視して所定の量にします。/li>
        • なし – プレイヤーの現在のスコアを変更せず、仕掛けを無効にします。
    • チーム:
      • 誰でも、1~16(デフォルト: 誰でも)。
    • 回数で起動
      • この仕掛けが反応しなくなるまでに何回起動できるかを設定します。この値が上限に達しても、「受信しているとリセットする」で受信機からリセットすることは可能です。
        • 無限、1~10(デフォルト: 無限)。
    • スコア増加
      • この仕掛けの2回目以降の起動において、付与されるスコアの量がこの数字の分だけ調整されます。これを利用して、増加または減少する報酬システムを作り出すことが可能です。
        • -200、-100、-50、-35、-20、-15、-10、-5、-4、-3、-2、-1、0、1、2、3、4、5、10、15、20、35、50、100、200(デフォルト: 0)。
    • 最小スコア
      • これにより、付与されるスコアをオプション「スコア増加」で減らすことができる最小値を設定します。最初のスコアバリューのほうが低い値で始まっても、実際に付与されるスコアがこの値より少なくなることはありません。
        • -999, -500, -400, -300, -200, -100, -50 , -35, -20, -15, -10, -5, -3, -2, -1, 0, 1, 2, 3, 5, 10, 15, 20, 35, 50, 100, 200 (デフォルト: -999).
    • 最大スコア
      • これにより、付与されるスコアをオプション「スコア増加」で増やすことができる最大値を設定します。最初のスコアバリューのほうが高い値で始まっても、実際に付与されるスコアがこの値より多くなることはありません。
        • -200, -100, -50 , -35, -20, -15, -10, -5, -3, -2, -1, 0, 1, 2, 3, 5, 10, 15, 20, 35, 50, 100, 200, 300, 400, 500, 999 (デフォルト: 999).
    • 有効: 仕掛けが有効になるタイミングを決定。無効にすると、仕掛けは受信機で起動できなくなります。
      • 無効、有効、ウォームアップのみ、ゲームプレイのみ(デフォルト: 有効)。
    • ゲーム中に表示: オン、オフ(デフォルト: オフ)。
    • スコアが増えると送信する
      • 仕掛けがこれだけのスコアを付与すると送信するという設定です。
        • -200、-100、-50、-35、-20、-15、-10、-5、-4、-3、-2、-1、0、1、2、3、4、5、10、15、20、35、50、100、200(デフォルト: 0)。
    • 受信機:
      • 受信していると起動する: 選択されたチャンネルで信号を受信すると、起動したプレイヤーにスコアを付与します。
        • チャンネルなし、1~32(デフォルト: チャンネルなし)。
      • 受信していると有効になる
        • チャンネルなし、1~32(デフォルト: チャンネルなし)。
      • 受信していると無効になる
        • チャンネルなし、1~32(デフォルト: チャンネルなし)。
      • 受信しているとリセットする
        • 選択されたチャンネルから信号を受信すると仕掛けが有効になり、付与されるスコアの値がオプション「スコアバリュー」で指定された値にリセットされ、起動回数が0にリセットされます。
          • チャンネルなし、1~32(デフォルト: チャンネルなし)。
      • 受信していると増加する
        • 現在の付与されるスコアの値が、起動したプレイヤーに実際にスコアが付与されることなく、スコア増加の値によって調整されます。
          • チャンネルなし、1~32(デフォルト: チャンネルなし)。
    • 発信機:
      • 最大トリガー数になると発信機がオンになる
        • 仕掛けがオプション「回数で起動」で指定された回数だけ起動されると、選択されたチャンネルで信号を送信します。
          • チャンネルなし、1~32(デフォルト: チャンネルなし)。
      • スコアを出力すると送信する
        • 「スコアが増えると送信する」で指定されたスコアがプレイヤーに付与されると、選択されたチャンネルで信号を送信します。
          • チャンネルなし、1~32(デフォルト: チャンネルなし)。
  • 仕掛け「スピーカー」を追加しました。 
    • 起動すると近くの全員に対してオーディオを再生します。
    • スピーカーオーディオ: どのオーディオサンプルを再生するかを選択します。
      • オフ、アクセントA、アクセントB、アクセントC、バンプA、バンプB、エンドA、エンドB、フェイリュアA、フェイリュアB、フラッシュバック、ゲームオーバー、マジック、ミステリーA、ミステリーB、ミステリーC、ニュートラル、ポジティブ、リワードA、リワードB、スケアA、スケアB、サクセスA、サクセスB、サクセスC、サプライズA、サプライズB、スレット、トランジションA、トランジションB、アンロック、ウォッシュ(デフォルト: アクセントA).
    • ボリューム: 超小、小、中、大、超大(デフォルト: 中)。
    • 減衰: サウンドがどこまで届くかを設定します。
      • 近い、中、遠い、すごく遠い、島(デフォルト: 中)。島 – マップのどこでもサウンドが聞こえます。
    • リトリガーの挙動: すでにサウンドが再生されている時に仕掛けを再び起動するとどうなるかを設定します。
      • 無視する、再スタート(デフォルト: 無視する)。
    • 有効: 仕掛けが有効になるタイミングを決定。無効にすると、仕掛けは受信機で起動できなくなります。
      • 無効、有効、ウォームアップのみ、ゲームプレイのみ(デフォルト: 有効)。
    • ヒットすると起動: ダメージが適用されると仕掛けが起動するかどうかを選択します。
      • はい、いいえ(デフォルト:  はい)。
    • ゲーム中に表示: オン、オフ(デフォルト: オフ)。
    • 受信機:
      • 受信していると起動する: チャンネルなし、1~32(デフォルト: チャンネルなし)。
      • 受信していると有効になる: チャンネルなし、1~32(デフォルト: チャンネルなし)。
      • 受信していると無効になる: チャンネルなし、1~32(デフォルト: チャンネルなし)。
  • 仕掛け「HUDメッセージ」を追加しました。
    • この仕掛けにより、HUDを使って様々なスタイルでプレイヤーにテキストメッセージを送信することができます。メッセージは、トリガーおよび受信機で時間を指定したり起動したりできます。位置にかかわらず、画面に表示できるメッセージは一度に1つだけです。
    • メッセージ
      • テキストボックスは80文字が上限です。
    • チーム:
      • 全て、1~16(デフォルト: 全て)。
    • ラウンド開始からの時間
      • マッチ開始から指定された時間が経過するとメッセージが表示されます。
        • なし、1~10秒、15秒、20秒、25秒、30秒、40秒、50秒、1分、2分、3分、4分、5分(デフォルト: 10秒)。
    • 表示時間
      • メッセージが画面に残る時間の長さを設定します。
        • 1~5秒、10秒、15秒、20秒、25秒、30秒、40秒、50秒、60秒、ずっと(デフォルト: 5秒)。
    • テキストスタイル
      • デフォルト、小、大、ボールド、特大、ブルー、ボールドブルー、オレンジ、ボールドオレンジ、レッド、レッドアウトライン(デフォルト: デフォルト)。
    • メッセージタイプ
      • メッセージの重要度を設定します。デフォルトメッセージは他のメッセージの後に待機します。重要メッセージはすぐに表示されます。
        • デフォルト、クリティカル(デフォルト: デフォルト)。
    • サウンドを再生する
      • オン、オフ(デフォルト: オン)。
    • 位置
      • メッセージが表示される画面の場所を選択します。
        • 下中央、上中央、右中央(デフォルト: 下中央)。
    • ゲーム中に表示
      • 表示、非表示(デフォルト: 非表示)。
    • 受信機
      • 受信していると表示する: チャンネルなし、1~32(デフォルト: チャンネルなし)。
      • 受信していると非表示になる: チャンネルなし、1~32(デフォルト: チャンネルなし)。
  • 仕掛け「アドバンスドストームコントローラー」にいくつか変更を加えました。
    • 全体的にアドバンスドストームコントローラーおよびアドバンスドストームビーコンの使用を単純化し、カスタムストームを生成しやすくなるようにしました。
    • 「ゲーム開始時にストームを生成」を追加しました
      • ゲーム開始とともにストームが生成されるかの設定です。
        • はい、いいえ(デフォルト: はい)。
    • 「受信しているとストームを生成する」を追加しました
      • 選択されたチャンネルから信号を受信するとストームを生成します。
        • チャンネルなし、1~32(デフォルト: チャンネルなし)。
    • 「受信しているとストームを破壊する」を追加しました
      • 選択されたチャンネルから信号を受信すると、ストームコントローラーを無効化して即座にストームを除去します。
        • チャンネルなし、1~32(デフォルト: チャンネルなし)。
    • 「フェーズが終わると送信する」を追加しました
      • 各ストームフェーズの終了時に、選択されたチャンネルで信号を送信します。
        • チャンネルなし、1~32(デフォルト: チャンネルなし)。
    • オプション「前半フェーズの動き」と「後半フェーズの動き」を削除しました – これらをストームビーコンと一緒に使用すると混乱が生じていたためです。ストームビーコンが後半のストームフェーズを設定するのに使用されることを意図しています。
  • 仕掛け「アドバンスドストームビーコン」にいくつか変更を加えました。
    • 全てのオプションから「上書きしない」を削除しました – 全ての値を具体的に設定しなければならなくなり、デフォルトが追加されました。これは、ストームビーコンがストームの仕掛けとどのように連動するのかについての混乱を緩和するためのものです。
    • オプション「動きの挙動」から「なし」を削除しました。
      • ストームがこのビーコンに移動するか、ランダムに移動するか選択してください。
    • オプション「終了範囲」に新たな値を追加しました: 0メートル。
  • アイテムスポナー、アイテムスポーンプレート、キャプチャーアイテムスポナーに新たなオプションを追加しました。
    • アイテムを回収すると送信する
      • チャンネルなし、1~32(デフォルト: チャンネルなし)。
  • 仕掛け「タイマー」のオプション「持続時間」に新たな値を追加しました
    • 6分、7分、8分、9分、11分、12分、13分、14分。
  • 仕掛け「無線」にいくつかのオプションを追加しました。
    • プレゲーム中に再生: いいえ、はい(デフォルト: いいえ)。
    • ウォームアップ中に再生: いいえ、はい(デフォルト: いいえ)。
    • ゲームプレイ中に再生: いいえ、はい(デフォルト: いいえ)。
    • ラウンド終了中に再生: いいえ、はい(デフォルト: いいえ)。
    • ゲーム終了中に再生: いいえ、はい(デフォルト: いいえ)。
    • 受信していると再生する: チャンネルなし、1~32(デフォルト: チャンネルなし)。
    • 受信していると停止する: チャンネルなし、1~32(デフォルト: チャンネルなし)。
  • 仕掛け「爆破」にさらにオプションを追加しました。
    • ゲーム中に表示: オン、オフ(デフォルト: オン)。
    • ゲーム中の当たり判定: オン、オフ(デフォルト: オン)。
    • 衝突対象: 全て、武器のみ(デフォルト: 全て)。
    • 爆発すると送信する: チャンネルなし、1~32(デフォルト: チャンネルなし)。
    • 受信していると見えるようになる: チャンネルなし、1~32(デフォルト: チャンネルなし)。
    • 受信していると見えなくなる: チャンネルなし、1~32(デフォルト: チャンネルなし)。
    • オプション「ゲームスタートから起爆までの時間」に新たな値を追加しました:11分、13分、14分。
  • 仕掛け「チーム設定&インベントリ」に新しいオプションを追加しました。
    • 受信するとラウンドを終了する: このチームを勝者として現在のラウンドを終了します。
    • チームが撃破されると送信する: このチーム設定の仕掛けと紐づいているチームが撃破されると送信します。
  • 仕掛け「破壊オブジェクト」からオプションを削除しました。
    • ゲーム中の当たり判定: 表示時
      • これはネットワークパフォーマンス問題を引き起こしていました。

不具合の修正

  • Xbox One で特定の仕掛けの設定が正しく保存されるようになりました(プレイヤースポーン、ビルボード、爆破の仕掛けを含む)。
  • 仕掛け「ビルボード」のメモリ消費が200に増える問題を修正しました。
  • 仕掛け「スピードブースト」がB.R.U.T.E.に作用するようになりました。
  • 最初のストームフェーズが、仕掛け「アドバンスドストームコントローラー」の位置に出現するようになりました。
  • ストームコントローラーのオプション「受信しているとストームを生成する」が、既存のストームをリセットする問題を修正しました。
  • 仕掛け「アドバンスドストームビーコン」の環境サウンドエフェクトがマッチ中は聞こえなくなります。
  • アクティブな武器禁止ゾーン内にリスポーンすると、プレイヤーは武器を使えなくなります。
  • 収集アイテムが近くにあると、他のオブジェクトとのインタラクトが妨害される問題を修正しました。
  • プレイヤーから離れていると、仕掛け「バリア」のフレームが表示されなくなります。
  • ゲーム前のロビーで仕掛け「バリア」がプレイヤーを妨害しなくなりました。
  • 仕掛け「チーム設定&インベントリ」が、チームが撃破されていないのに誤ってチーム撃破の信号を送信する問題を修正しました。
  • PlayStation®4または Xbox のレトロカメラフィルター、そしてモバイルデバイスのその他のレンダリングアーティファクトが正しくレンダリングされます。
  • クリーチャースポナーが、カスタマイズオプションを切り替えている時に説明を表示するようになります。

UI + ソーシャル

  • ゲーム設定メニューのオプション「建築を許可」がオフに設定されていると、建築クイックバーが非表示になって建築ホットキーが無効になりました。
  • ゲーム作成メニューに「複製」ボタンを追加し、既存の島を素早く複製できるようにしました。

不具合の修正

  • B.R.U.T.E.を使用している時に撃破されても画面は真っ暗にならなくなります。
  • HUDのスコアウィジェットが、プレイヤー/チームの順位表を正確にトラッキングしない問題を修正しました。
  • PlayStation®4とNintendo Switchでテキストフィールドが選択可能になりました。
  • リプレイで、クリエイティブモードのスコアボードメニューが「閉じる」や「マッチを離脱する」ボタンを表示するのを修正しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました