【フォートナイト】なかなか上手くならないプレイヤーへ!もしかしたら原因は○の使い方かも
スポンサーリンク

フォートナイトをプレイしていてもなかなか上手くならない。どうして自分はこんなに下手なんだ・・・。動画を見てもなんかしっくりこない。別の動画を探してもやはりしっくりこない。プレイしたら必ずみんなから言われるこの一言。

「ちゃんと周りを見てる?」

いや、わかってるんだ、見えてるんだそれでも練習してもしてもうまくならない。今日はそんなあなたにYoutuberでさえあまり言及しないなかなかうまくならない原因についてお話します。

フォートナイトが上手くならない原因それは目の使い方かも

実はフォートナイトに限ったことがありませんが、何をしてもなんかうまくなっている気がしない場合、一番に頭によぎってほしいのが目の使い方です。

当たり前ですが、目は見るものです。文字で書くと単純ですが目で見るといってもいろんなことがあります。

例えばコミュニケーションでの空気を読む、フォートナイトでは次に敵はどういった行動をするのか自分のHPは今どれくらいなのか今は攻めどきか守りどきか、あげるとキリがありませんが、どれも目でしっかり見ないとできません

では、目の使い方が悪いとどのようなことになるのでしょうか。

目の使い方が悪いと様々なところに影響を及ぼします

目の使い方が悪いと、様々なところに影響を及ぼします。

  • コミュニケーション
  • 文字の見落としが人よりも多すぎる
  • 対物の距離感
  • 状況の把握
  • 姿勢

全部へ?とおもわれる内容かもしれませんが、どれも目の動きで判断していることが多いです。フォートナイトを例にすると状況の把握です。判断を誤ると負けに直結します。状況の判断は主に目で行われています。目で見て判断して行動を決めているのです。

そしてYoutuberがよく解説しているうまくできていない人の特徴が様々ありますが、よく見てみると状況の判断が多いかと思います。状況の判断は目で見て行っているので使い方があまりうまくいってないとしっくりこないのです。

さらに恐ろしいことに敵が目の前にいるにも関わらず自分だけが見えていない状況になり、そういうときに限って敵が自分の前にいたりしてカバーしようにも自分はみえていないわけですから当然対処もできるはずがありません。

スポンサーリンク

目にも筋トレを!目の見え方を改善しよう

原因はわかったとしても一体どうすれば見え方がよくなるのでしょうか。それも実は簡単で目のトレーニングをこっそり始めれば大丈夫です。体を鍛えるために筋トレをする要領で目も筋トレをしましょう。

目の見え方が苦手な場合、目の筋トレを行えば改善でき目の見え方が広がり、もう二度と他の人から「ちゃんと周りを見てる?」と言われることがなくなるので苦しい思いもしなくてすみます。                                        

ボールペン1本あれば10秒から始められる

目のトレーニングは様々ありますが、1番はじめられるのは、ボールペンを使う目のトレーニングです。10秒が目安です

ボールペン1本あれば、目と同じような高さになるようにボールペンを置き左右動かします。動かしたボールペンを顔や顎を動かさず目だけで追ってください。

さらにボールペン2本あれば、ボールペンを持ち、ボールペンの端が目の高さに来るように持ち、顔や顎は動かさず目で追います左右上下対角線で行います。

特に対角線は、レティクルと自分のHP、仲間のHPを見ることに繋がります。

他にもビジョントレーニングも目のトレーニングなので時間が空いてるときに取り組んでみましょう。もうダメだ、何やっても上手くならない諦める前にやってみてください。

Amazon売り上げランキング

  • マウス
  • キーボード
  • ヘッドセット
  • モニター
  1. ゲーミングマウス
  2. ゲーミングマウス
  3. ゲーミングマウス
  4. ゲーミングマウス
  5. ゲーミングマウス
  6. ゲーミングマウス
  7. ゲーミングマウス
  8. ゲーミングマウス
  9. ゲーミングマウス
  10. ゲーミングマウス
  11. ゲーミングマウス
  12. ゲーミングマウス
  13. ゲーミングマウス
  14. ゲーミングキーボード
  15. ゲーミングマウス
  16. ゲーミングキーボード
  17. ゲーミングマウス
  18. ゲーミングマウス
    発売日 : 2020年08月13日
    価格 : ¥1,990
    新品最安値 :
    ¥1,540
  19. ゲーミングマウス
  20. ゲーミングマウス
  1. ゲーミングキーボード
  2. ゲーミングキーボード
  3. ゲーミングキーボード
  4. ゲーミングキーボード
  5. ゲーミングキーボード
  6. ゲーミングキーボード
  7. ゲーミングキーボード
  8. ゲーミングキーボード
  9. ゲーミングキーボード
  10. ゲーミングキーボード
  11. ゲーミングキーボード
  12. ゲーミングキーボード
  13. ゲーミングキーボード
  14. ゲーミングキーボード
  15. ゲーミングキーボード
  16. ゲーミングキーボード
  17. ゲーミングキーボード
  18. ゲーミングキーボード
  19. ゲーミングキーボード
  20. ゲーミングキーボード
  1. ヘッドセット
  2. 周辺機器・アクセサリ
  3. ヘッドセット
  4. ゲーミングヘッドセット
  5. ヘッドセット
  6. ヘッドセット
  7. ヘッドセット
  8. ヘッドセット
  9. ヘッドセット
  10. ゲーミングヘッドセット
  11. ゲーミングヘッドセット
  12. 周辺機器・アクセサリ
  13. ゲーミングヘッドセット
  14. ゲーミングヘッドセット
  15. ヘッドセット
  16. ヘッドセット
  17. ゲーミングヘッドセット
  18. ゲーミングヘッドセット
  19. ゲーミングヘッドセット
  20. ゲーミングヘッドセット
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
コメント一覧
  1. 匿名っ! より:

    今更感が...
    FNJPを知っている時点で
    それなりに上達してる人じゃ?

    16
    2
  2. 匿名 より:

    目ではあるけど、結局のところモニターや使っている機器の性能に行き着くような。
    Switch版だと勝てないし追えなかったのに、PS5でやると普通に勝てたり。

    11
    4
コメントを残す

CAPTCHA


画像を添付できます(JPEGのみ)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事